酒造 文楽|明治27年創業 老舗酒造

酒造 文楽|明治27年創業 老舗酒造

INSTAGRAM 酒造 文楽|明治27年創業 老舗酒 FACEBOOK 酒造 文楽|明治27年創業 老舗酒
採用情報|酒造 文楽|明治27年創業 老舗酒造
埼玉県上尾市『酒蔵文楽』の公式オンラインショップ
オフィシャルブログ

採用情報

林 郁美(造り)

林 郁美

造り

現在、どのような仕事をしていますか?

日本酒を造っています。
お酒造りは基本的に皆で行う作業が多いのですが、
担当としては酒母の管理をしています。
                 
他には日本酒に関わりのある食品や雑貨など、新商品開発の
サポートや管理、製造の事務的な作業を行っています。

「文楽」を一言で表現すると?また自慢は何?

一言でいうと「文楽商品そのもの」です。
商品ラインナップで、すべておわかりいただけるのではないかと思います。

昔ながらの造り方である生もと造りの純米酒がありながら、
発泡清酒「PUPPY」やフルーツスパークリング「文楽BAR」があるように、
伝統を重んじながら先進性も追求する。

多岐に渡る商品ラインナップがありながらきちんと、筋が通っているように、
各自、別々の仕事をしていても、文楽愛を共有し、同じ方向を向いて邁進している、
そんな会社です。

自慢は、環境です。
都心から電車で約40分、駅から徒歩6分という好立地という地理的な環境も
さることながら、社内環境が自慢です。
各部署がワンフロアに集結したオフィスで部門の垣根を越えて意見をかわすことや、
若手に仕事を任せてもらえることも多く、様々な経験を積むことが出来ます。
経験を通じ、自分が成長できる環境・何にでも挑戦させてもらえる環境は、
本当にありがたいなと思っています。

「文楽」を選んだ理由は?

日本酒の魅力に気づき、日本酒の良さを伝えたい!と思ったからです。

そんな折、美味しいなと思ったお酒が埼玉県の酒蔵のお酒だと知り、
検索したところ「文楽」のホームページに出会いました。
そこで紹介されている商品のラインナップやオフィシャルブログを読み、
伝統として重んじる部分はきちんと大切にしながら、新しさを追求する
姿勢に惚れ込んだのがきっかけです。
私がしたいことは、ここでできる!と感じ、文楽を選びました。

仕事のやりがいやうれしいことは、何ですか?

嬉しいことは、飲食店さんで、お客様が文楽日本酒を注文しているのを聞いたときです。
熱燗で!なんて言葉をきくと思わずにやりとしてしまいます。

今後の自分の目指すところ

杜氏にならって日本酒についての知識をもっとつけ、
誰に何を聞かれても即答できるようになりたいと思います!

休日(息抜き)は、何ですか?

やはり、お酒です。
気が置けない友人と楽しいお酒もよし、入ったことのないお店に
ふらりとひとりで立ち寄るもよし。

おしながきを熟読し、どのお酒が合うかなーと悩む時間が幸せです。

就職活動や、文楽に応募する方へのアドバイス

思わぬ出会いから、全く別の道が拓けることもあります。
私にとっての運命の出会いは日本酒であり、文楽でした。
私は、醸造とは全く畑違いの学部だったので、お酒造りに携われるとは
思っていなかったのですが、今ではお酒造りの奥深さの魅力に
どっぷりとハマってしまいました。

就職活動はたくさんの企業のお話を聞ける素晴らしい機会です。
そして、その時の経験が後々活かされることも多々あります。
門戸を広く開け、様々な会社を訪問したり、企業研究した上で、文楽で働きたい!と
思っていただけた方と一緒に、働くことができたら嬉しいなと思います。

埼玉県上尾市『酒蔵文楽』の公式オンラインショップ
メディア掲載情報

リンク

東蔵
PageTop